スカイプやアプリでオンライン英会話レッスン 旅行・ビジネス英会話・TOEICリスニング対策に 無料体験紹介

欧米だけでなく、東南アジアの国々でも英語が公用語として使われています。
日本人の英語学習との違いは何でしょうか?

英語

 

英語をマスターするために必要なある事とは?

英語の上達に効果的な学習法というと、「外国人の恋人・友達を作る」「外国に住む」などがありますが、慌しい日々の中では実践しづらいものです。
しかしこれらに共通していることを実践すれば、短期間でも語学をマスターできるのです。
その共通事項は、「常に英語に耳からふれている」ということ。
当たり前のことではありますが、英語圏に生まれ育った人は幼い頃から英語で会話しているため、頭の中でも英語で考える能力が発達しています。
では日本で生活している人には無理なのかと言うと、そうではありません。ハローやアイラブユーといった英会話ならば、ほとんどの日本人は意味がわかるし発音もできますよね。
なぜハローがわかるのかと言うと、今までにたくさん聞いて何度も使ったことのある単語だからです。
それと同じで、日本人で英語が得意な人は「英語にふれている時間が多かった」からだと言えます。

 

低価格・日常感覚で英語を話せるようになるネット学習のすすめ

英語ネイティブの外国人たち

 

英語をマスターするには2000時間必要と言われています。
たとえば海外留学では、1日10時間英語にふれていると仮定して、約200日でネイティブ並みの英会話ができる計算です。
7ヶ月英語の中で暮らせばいいと言われても、留学となると時間や金銭的に難しいものがあります。
それを身近にしたのがインターネットです。
英語教材の良し悪しは口コミでわかるし、購入前に試し読みができるので、失敗リスクが減ります。
オンライン英会話スクールによって、ネイティブ講師とのレッスン授業料は驚くほど安くなりました。
多くのオンライン英会話スクールは教材費用が0円のことも多く、月額制やチケット制の明瞭会計で、毎日自分の好きな時間に好きな講師を選んでレッスンを受けることができます。

 

しかし、英会話教材や英語スクールは数多くありますが、授業のレベルやレッスン費用が様々で調べるのに時間がかかるという悩みが。
当サイトでは、ネットで購入・受講できる英会話教材・スクールを中心に、「実績・授業内容・講師の質・授業料」などについて比較してみました。
明瞭な料金設定で信頼のおける英語塾だけを掲載しています。
教材や授業の様子をネットで試し見できたり、無料体験レッスン情報もあるので、時間とお金をかけずに自分に合ったスクール選びができるのではないでしょうか。